iPod

山科区御陵大津畑町 より、 iPod touchがAppleロゴから起動しない症状

山科区御陵大津畑町  より、

iPod touchがAppleロゴから起動しない症状でご依頼をいただきました。

Appleでは既に販売が終了しているiPodシリーズですが、

人気は根強く、「ここにしか入れていないデータがあるからどうしても使いたい!」

というお声もよく伺います。

 

 

 

・Appleロゴから起動しない原因は?

Appleロゴは本体に何らかの不具合が発生した際に起こる症状で、

特定の原因があるのではなく、いくつかの可能性が考えられるため安易な判断はできないものです。

しばらく使用していないものの場合、症状が起きた直前の状態がわからないため、より判断が難しいものです。

考えられる要因は、おおよそ3つ考えられます

①iOSのシステムに何らかの問題が起きており、アップデートや初期化が必要。
②基板自体に問題が発生していて基板修理が必要な状態。
③バッテリーの劣化や膨張などバッテリーに問題があって起動ができない

iOSに問題がある場合、システム復旧などで初期化をしてしまうと

データが消えてしまうことになるため、データを残したい場合にはなるべく避けたい手段になります。

基板修理やバッテリー交換であれば、データそのままに修理を進めることができるので、

お客様と相談しながらデータを残すことを優先に作業を進めるのが通例です。

基板修理は難易度が高く、問題を特定するのに時間のかかる作業ですので、

まずは、バッテリー劣化を疑ってバッテリー交換をしていきます。

「久しぶりに使おうと思った」「数ヶ月放置していた」

という状況で今回のような症状が起きている場合のほとんどは、

バッテリー劣化によって上手く起動ができなくなっていることが経験則から言えます。

 

リチウムイオン電池は、充電ができ、非常に便利ですが、

充電が0状態が長期にわたって続くと、バッテリーとしての機能が急激に下がってしまう特性があります。

リチウムイオン電池にとっては、放置されるより、

充電と放電を持続して、続けている方が良好な状態が保てます。

 

また、充電放電を繰り返す内に電力を貯める容量は目減りしてしまう特性もあるので、

2〜3年に1度は新品に交換することも気をつけたいところです。

 

・バッテリー交換で改善!

 

今回はバッテリーの劣化によってAppleロゴになっていることがわかりました。

経験則からの仮説は正解だったようです。

バッテリー交換のみで無事に起動することができるようになりました。

データももちろんそのまま!
お渡し直後から曲を聴いていただくこともできる状態になりました。

 

ここにした入れていないデータがあったりすると、使用している本人にとっては一大事です。

何にも変え難い大事なデータということもあります。

当店ではお客様のデータを最優先に、修理が完了するよう最善の努力をさせていただきます!

iPod touchの修理も当店にお任せください。

料金の確認や、他にも気になることがございましたら、まずはお問い合わせくださいませ✴︎

 

お問い合わせはこちら

====================

スマートクール大津テラス店

住所:520-0806

大津市打出浜14-30 oh!me大津テラス 2F

TEL:077-572-8999

✉️:otsu@smartcool-rakuhoku.com

営業時間:10:00〜20:00 年中無休

====================

 

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら