iPhone修理

京都市山科区 |iPhone11 充電できなくなってしまった|

京都市山科区 からご来店のお客様のご紹介です。

iPhone11が充電できなくなってしまったとのでご来店頂いております。

 

 

  

ドックコネクタ部分の損傷に繋がる行動とは?

 

iPhoneのドックコネクタは、デバイスを充電したりデータを同期したりするための重要な部分です。このコネクタが損傷すると、iPhoneの機能に影響が出る可能性があります。以下は、ドックコネクタの損傷を引き起こす可能性のある行動や注意すべき点についてのコラムのアイデアです。

1. 無理な挿し込みと引き抜き

ドックコネクタに端子がきちんと接触するように注意深く挿し込むことは重要です。

無理に挿し込んだり引き抜いたりすると、コネクタのピンが曲がったり損傷したりする可能性があります。

 

2. 不適切な充電ケーブルの使用

正規品でない充電ケーブルや、品質の低いケーブルを使用すると、

コネクタの損傷が生じる可能性が高まります。

純正品を使用するか、信頼性のあるブランドのケーブルを選ぶようにしましょう。

 

3. 湿気や埃の影響

ドックコネクタが湿気や埃にさらされると、

コネクタ内部が腐食する可能性があります。

湿気の多い場所や埃の多い環境での使用には特に注意が必要です。

 

4. 急激な引っ張り

充電ケーブルを引っ張ると、コネクタが変形したり損傷したりする可能性があります。

コネクタを引っ張る際には、ケーブルをしっかりと持ってから引っ張るように心掛けましょう。

 

5. 外部からの物理的なダメージ

iPhoneをポケットやバッグに入れる際には、他の物との摩擦や衝撃に注意が必要です。

特に、iPhoneがドックコネクタの部分で硬い物と接触しないように気をつけましょう。

 

6. 清掃の過程での注意

ドックコネクタを清掃する場合には、専用のクリーニングキットを使用し、

ソフトなブラシやエアダスターを用いて慎重に行うべきです。

硬い物でこすったりすると、コネクタが傷つく可能性があります。

 

これらのポイントに留意することで、

iPhoneのドックコネクタを損傷から守ることができます。

ただし、損傷が生じた場合は、すぐに修理を検討するか、Appleのサポートに相談することが望ましいです。

 

 

目次へ

  

iPhone11 充電できなくなってしまった

 

京都市山科区 からご来店のお客様のご紹介です。

iPhone11が充電できなくなってしまったとのでご来店頂いております。

充電できなくなってしまったと諦めておりませんか?
諦めなくも大丈夫です!

充電できなくった場合は2つの原因が考えられます。
一つ目は、バッテリーの劣化によりバッテリー内で蓄電が出来なくっており、充電が出来なくなっている状況。
二つ目は、ドックコネクタ部分の劣化により、きちんと反応せず、充電が出来ない状況となっております。

今回は、後者のドックコネクタ部分でしたので、交換修理を行っております。

 

 

目次へ

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら