お知らせブログ

修理するか悩んでいる方へ

本日は、修理報告ではなく修理した方がいいのかまだ問題ないのか分からない方へ、お教えさせて頂きます!

 

画面が使えなくなった、や充電ができなくて電源がつかない等の方が多く修理の為、ご来店して頂くことがおおいですが、

まだ使えるし、修理はまだいいか!と思っている方必見です!

まずは、画面修理から!

画面は大事な部分です。

結論から申し上げると、少しでも割れている状態であれば、すぐ修理することをオススメ致します!

なぜかを説明致します。

画面に亀裂が入っている、少し欠けている等まだ使える状態は多くあります。

亀裂や欠けは耐水使用になっているiPhoneですが、耐水性能が皆無になってしまっている状態です。

その亀裂、欠けた部分から水分、ホコリが入ってしまうからです。

画面がキレイな状態であれば、耐水性能はまだ役に立つ状態ですが、

亀裂等が入ってしまっているとその隙間から水分、粉塵ははいってしまうことで水没や回線がショートしてしまう可能性があります。

iPhoneの液晶画面になるので、

水分が入ってしまうと水没して完全に修理して長く使用できるよう修理するのが、不可能になってしまいます。

ショートしてしまう事案も同様の流れになります。

ショートしてしまうと基盤が駄目になってしまいますので、こちらは再起は不可能にちかい状況まで陥る可能性が高いです。

なので、画面に少しでも亀裂、欠けた部分がある方等は早急に修理をオススメしております!

 

次は、バッテリー交換の修理時期に関してです。

バッテリー交換は当店での修理件数もナンバー1の修理になります。

iPhoneのバッテリーはリチウムイオンバッテリーです。

こちらは、使えば使うほど、絶対に劣化してしまうものになります。

大体、2年位使うと劣化が進み、充電の持ちが悪いやバッテリーが膨張する可能性が出てきます。

iPhoneはバッテリーの最大容量が確認出来ます!

【iPhone6以降】かつ【iOS11.3以降】であれば確認できます。

確認方法

【設定】→【バッテリー】→【バッテリーの状態】

上記の方法で確認頂けます。

最大容量が90%以下になってくると

・一日バッテリーが持たない

・充電の減りが早い

・使用中に電源が急に落ちる

・動作が重たくて使うのに不便 等の不具合が生じてきます。

あとはお客様ご自身の使用感になります。

最大容量95%なのに減るのが早いなと感じている方等、、、

そのような方はバッテリー交換をしてもいい時期に来ています。

このように最大容量だけが目安ではないことがありますので、

修理件数が多くなってくる状態になります。

 

今回は、修理時期のわかりにくいものを紹介させて頂きました。

 

わからないことやこれはどうなの?があれば、ご気軽にお問い合わせ下さい。

 

心よりお待ちしております。

 

気軽にお問い合わせ下さい

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら